寝癖頭の解法

小学生の目線から、勉強中の覚え書きを投稿、更新していきます。

最近観た映画と夏休みが終わって

最近観た映画の話です。

まずは、モンスターハンター:レジェンド・オブ・ザ・ギルドから。

www.youtube.comカプコンハンティングアクションモンスターハンター」の世界観を基にした、オリジナルCGアニメ映画です。
ゲームで言うと、4Gとワールドあたりのスピンオフです。
たぶん、これ、ゲームの本編を知らないと、全然わからないし、面白くないのではないかなーと思いました。
映画として観れば、特に脚本が雑でした。
でも、ゲームをプレイしたことがあれば、アレコレと色々と出てくるし、小一時間で終わるから、そこそこ楽しめるかもしれません。

次は、TEKKEN -鉄拳-。

wwws.warnerbros.co.jpバンダイナムコの対戦型格闘ゲーム『鉄拳』を原作とした、実写のアクション映画です。
派手なアクションシーンの連続で、物語の進行も早かったのだけれど、謎につまらなかったです。
これも脚本がヤバかったと言うか、ひどかったと言うか…
むしろ無理な脚本を、よく映像化できたなーって思いながら観ました。

続いて、サイレントヒルサイレントヒル:リベレーション。

www.sonypictures.comコナミのゲーム『サイレントヒル』を原作にした、ホラー映画です。
これは面白かったです。
後半からは駆け足になってしまうのだけれど、特に脚本が良かったと思います。
映像なども、とてもよく考えられているように見えました。
なのに続編の『サイレントヒル:リベレーション』は、監督と脚本家が変わってしまったらしくて、全然違う感じになっちゃってました。
そっちはつまらなかったです。

そして、機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

gundam-hathaway.netはじめて『ガンダム』をちゃんと観たけれど、面白かったです。
これも脚本がとてもしっかりとしていました。
夏休みに入ってから、たくさん映画とかゲームを消化しているけれど、本当に脚本って大事なのだなーと思いました。
ロボットがどうこうとか、アニメだからとか、そうゆうことなんかとは別に、一つの作品として観れました。
だから続きがとても気になっています。

それから、究極の対決!世界の凄腕スナイパー。

jp.history.com

世界各国の凄腕スナイパーたちがジョージア州フォート・ベニング基地に集まって、7つの競技を競い合う大会のドキュメンタリーです。
こうゆうのを観てみたかったと言うこともあって、とても面白かったです。

あとは... 
・人類滅亡 -Life After People-
「地球目線で言うと、もしかして人類っていらないんじゃね?」

・Kamikaze War
「観た後に、しばらく落ち込みました。そういえば当時の日本軍兵士の死亡原因の6割は栄養失調と病死だったって、何かで読んだ記憶がある」

チェルノブイリを追って: アポカリプス後の探索 (Stalking Chernobyl)
「福島にもユーチューバーとかが行ってたし、謎にイノシシがいっぱいいたわー」

・Let's 太って痩せるダイエット
「バキバキに鍛えていた人がブヨブヨに太ってから、さらにガチでダイエットしてみると、どうなっちゃうのか? って、普通に人体実験でした。そういえば現代の日本人の死亡原因の6割が生活習慣病だって、何かで読んだ記憶がある」

・ザ・歴史食堂
YouTubeだったら、チャンネル登録しちゃいそう」
などなどを観ました。

で、夏休みが終わっちゃいました。

だから小学校に行ってます、最近は毎日。
僕は共感覚持ちだから、教室がうるさくなったりすると、とてもつらいです。
そこにいるだけで、めっちゃ疲れるし、頭が痛くなってきます。
伝わらないだろうけれど。
コロナ禍になってから、みんながマスクをするようになったり、人と距離を取れるようになって、ひそかに助かっているのは、きっと共感覚持ちの人たちだと思います。