寝癖頭の解法

小学生の目線から、勉強中の覚え書きを投稿、更新していきます。

最近観た映画のこと

最近観た映画の話です。

まずは、Assassin's Creedアサシン クリード)から。

www.20thcenturystudios.com

ユービーアイソフトのゲーム『アサシン クリード』を原案とした、SFアクション映画です。
人の暴力性を無くすことで平和な世の中を作るためのアイテム「エデンの果実」を見つけるために、主人公の『カラム』は、「アニムス」と呼ばれる遺伝子記憶の再現装置に接続され、15世紀・ルネッサンス期のスペインを生きるアサシン『アギラール』の半生を追体験することになるけれど...
ずっと気になっていて、やっと観れました。
ゲームの雰囲気は、よく映像化されているなーと思ったけれど、約115分に詰め込むには、アレコレと多すぎたのかもしれません。
映画としては謎につまらなかったけれど、衣装とかアクションはとても良かったです。

次は、Gemini Man(ジェミニマン)。

www.kinenote.com伝説のスナイパーとその若いクローンとの戦いを描いた、SFアクション映画です。
主演がウィル・スミスで、ウィル・スミスのクローンと戦うので、ウィル・スミスが好きな人だったら、きっと楽しめます。
ちなみに、僕はウィル・スミスが大好きです。
一番の見どころは、バイクチェイスからのアクションシーン!
ここはすごかったです。
ってゆーか、ここだけがすごかったです。
映画としては、普通でした。

続いて、Océans(オーシャンズ)。

www.kinenote.com

海の生物をテーマとしたドキュメンタリー映画です。
めっちゃ面白かったです!
始まってすぐに、これは大作だなーと予感させる導入でした。
迫りくるレアな映像、次から次へと切り替わる観点、弱肉強食が日常の生態、いともたやすく行われる環境破壊など、色々な意味で「うわぁー」ってなります。
まるで旅をしているかのように、言葉少なめにガイドしてくれるナレーションには、説得力がありました。
終わりには、地球に対する態度について考えさせられました。

そして、The Tick / ティック〜運命のスーパーヒーロー〜。

filmarks.com奇妙な青いスーパーヒーローとタッグを組みハメになった主人公『アーサー』の二人が、悪党や宿敵から街を守るドラマです。
これは映画ではなくて、ドラマです。
シーズン2まであって、1話が30分ぐらいで、一気見しました。
特撮が好きな人だったら、きっと楽しめます。
基本的には、ずっとふざけているとゆーか、『アベンジャーズ』を低予算にしてコメディに振ると、こんな感じになるのかなーって思いました。
普通に面白かったです。

それから、100億人―私達は何を食べるのか?

www.youtube.com

「あなたの皿には何がありますか?」
将来の世界の人口に食料を供給するためのソリューションについてのドキュメンタリー映画です。
2050年までに、世界の人口は100億人に増えるだろうという予想から、人工肉、昆虫、工業型農業から、セルフ・カルティベーションまで世界の食糧生産と分配に関する、広範で分析的な洞察を示します。
日本で普通に暮らしていると知ることがない、世界の食料問題の一部について眺めることができます。
やがては地球資源の枯渇に突き進む非効率的な大量生産と輸出入に対する指摘は、SDGsとか他のドキュメンタリーとも共通しています。
作り手の姿勢によれば、あらかじめ大企業による経済活動や市場占有を問題視しているため、解決策として地域の特色に合った小規模な農業の発展を提案していました。
ただし、そこの説明が飛躍していたので、謎に思うところも少なくはなかったけれど、全然知らなかったことも多くて勉強にはなりました。