寝癖頭の解法

小学生の目線から、勉強中の覚え書きを投稿、更新していきます。

paizaラーニング: C++による「算術・代入演算メニュー」問題集(累乗 2)

paizaラーニングのレベルアップ問題集「算術・代入演算メニュー」からの出典です。
paiza.jp
C++による「累乗 2」問題集と、それらの提出コードの解答例です。

僕が作成、提出したコードは、以下のとおりです。

・STEP: 1 足し算

/*
C++による「算術・代入演算メニュー」問題集(累乗 2)
STEP: 1  足し算
https://paiza.jp/works/mondai
提出コードの解答例
https://neguse-atama.hatenablog.com
*/
#include<bits/stdc++.h>
using namespace std;
int main(void){
    cout<<1231+5178<<endl;
    return 0;
}

・STEP: 2 引き算・掛け算

/*
C++による「算術・代入演算メニュー」問題集(累乗 2)
STEP: 2 引き算・掛け算
https://paiza.jp/works/mondai
提出コードの解答例
https://neguse-atama.hatenablog.com
*/
#include<bits/stdc++.h>
using namespace std;
int main(void){
    int a,b;
    cin>>a>>b;
    int d=a-b;
    int p=a*b;
    cout<<d<<" ";
    cout<<p<<endl;
    return 0;
}

・STEP: 3 割り算

/*
C++による「算術・代入演算メニュー」問題集(累乗 2)
STEP: 3 割り算
https://paiza.jp/works/mondai
提出コードの解答例
https://neguse-atama.hatenablog.com
*/
#include<bits/stdc++.h>
using namespace std;
int main(void){
    int a,b;
    a=437326;
    b=9085;
    cout<<a/b<<" ";
    cout<<a%b<<endl;
}

・STEP: 4 掛け算 2

/*
C++による「算術・代入演算メニュー」問題集(累乗 2)
STEP: 4 掛け算 2
https://paiza.jp/works/mondai
提出コードの解答例
https://neguse-atama.hatenablog.com
*/
#include<bits/stdc++.h>
using namespace std;
int main(void){
    int a,b,c;
    cin>>a>>b>>c;
    int x=a*a;
    int y=b*b+c*c;
    cout<<x<<" ";
    cout<<y<<endl;
    return 0;
}

・STEP: 5 累乗

/*
C++による「算術・代入演算メニュー」問題集(累乗 2)
STEP: 5 累乗
https://paiza.jp/works/mondai
提出コードの解答例
https://neguse-atama.hatenablog.com
*/
#include<bits/stdc++.h>
using namespace std;
using ll=long long;
int main(void){
    ll a,b,c;
    a=202,b=134,c=107;
    ll n0=(a+b)*c;
    ll n=n0*n0;
    cout<<n<<endl;
    return 0;
}

・FINAL問題: 累乗 2

/*
C++による「算術・代入演算メニュー」問題集(累乗 2)
FINAL問題: 累乗 2
https://paiza.jp/works/mondai
提出コードの解答例
https://neguse-atama.hatenablog.com
*/
#include<bits/stdc++.h>
using namespace std;
int main(void){
    int a,b,c,d;
    cin>>a>>b>>c>>d;
    int abc0=(a+b)*c;
    int abc=abc0*abc0;
    int n=abc%d;
    cout<<n<<endl;
    return 0;
}

paizaラーニングのレベルアップ問題集については、ユーザー同士で解答を教え合ったり、コードを公開したりするのは自由としています。
また授業や研修、教材などにも利用できるそうです。