寝癖頭の解法

小学生の目線から、勉強中の覚え書きを投稿、更新していきます。

paizaラーニング: Pythonによる「Bランクレベルアップメニュー」問題集: 文字と整数の組のソート

paizaラーニングのレベルアップ問題集「Bランクレベルアップセット」からの出典です。
paiza.jp
Pythonによる「文字と整数の組のソート」問題集と、それらの提出コードの解答例です。

僕が作成、提出したコードは、以下のとおりです。

・STEP: 1 インクリメント
 整数 n が入力されるので、その値に1を足した値を出力してください。

'''
Pythonによる「Bランクレベルアップメニュー」問題集: 文字と整数の組のソート
STEP: 1 インクリメント
https://paiza.jp/works/mondai
提出コードの解答例
https://neguse-atama.hatenablog.com
'''
# coding: utf-8
n = int(input())
print(n+1)

・STEP: 2 数字のみの出力
 1行目に行数を表す整数 n、続く n 行で m 個の「文字」と「整数」の組が空白区切りで入力されます。
 n 個の整数だけをそのまま順に出力してください。

'''
Pythonによる「Bランクレベルアップメニュー」問題集: 文字と整数の組のソート
STEP: 2 数字のみの出力
https://paiza.jp/works/mondai
提出コードの解答例
https://neguse-atama.hatenablog.com
'''
# coding: utf-8
n = int(input())
for i in range(n):
    s, num = input().split()
    print(num)

・STEP: 3 昇順ソート出力
 1行目でユーザーが1つ与えられます。
 n 行のユーザーと血液型の組が与えられるので、ユーザーをキー、血液型を値として、連想配列(辞書)に保存してください。
 その連想配列(辞書)の中で1行目で与えられたユーザー名と、ユーザー名に対応する血液型を表示してください。

'''
Pythonによる「Bランクレベルアップメニュー」問題集: 文字と整数の組のソート
STEP: 3 昇順ソート出力
https://paiza.jp/works/mondai
提出コードの解答例
https://neguse-atama.hatenablog.com
'''
# coding: utf-8
n = int(input())
lis = list(map(int, input().split()))
lis.sort()
for i in range(n):
    print(lis[i])

・FINAL問題: 文字と整数の組のソート
 1行目に行数を表す整数 n、続く n 行の各行で「文字」と「整数」の組が空白区切りで入力されます。
 n 個の組を、「整数」の値で昇順に並べ変え、「文字」を出力してください。

'''
Pythonによる「Bランクレベルアップメニュー」問題集: 文字と整数の組のソート
FINAL問題: 文字と整数の組のソート
https://paiza.jp/works/mondai
提出コードの解答例
https://neguse-atama.hatenablog.com
'''
# coding: utf-8
n = int(input())
lis = []
for i in range(n):
    tempo = []
    s, num = input().split()
    num = int(num)
    tempo.append(s)
    tempo.append(num)
    lis.append(tempo)
lis.sort(key=lambda x: x[1])
for i in range(n):
    print(lis[i][0])

配列(リスト)、連想配列(辞書)、ソートなどについて理解を深める問題です。

paizaラーニングのレベルアップ問題集については、ユーザー同士で解答を教え合ったり、コードを公開したりするのは自由としています。
また授業や研修、教材などにも利用できるそうです。