寝癖頭の解法

小学生の目線から、勉強中の覚え書きを投稿、更新していきます。

paizaラーニング: Pythonによる「Bランクレベルアップメニュー」問題集: 足すか掛けるか

paizaラーニングのレベルアップ問題集「Bランクレベルアップセット」からの出典です。
paiza.jp
「足すか掛けるか」問題集と、それらの提出コードの解答例です。

僕が作成、提出したコードは、以下のとおりです。

・STEP: 1 インクリメント
 1つの整数nが入力されるので、そのnに1を足した値を出力してください。

#Pythonによる「足すか掛けるか」問題集
#STEP: 1 インクリメント
#https://paiza.jp/works/mondai
#提出コードの解答例
#https://neguse-atama.hatenablog.com
n = int(input())
n += 1
print(n)

・STEP: 2 文字列の出力
 整数nが1行目、続く行でn個の文字列が与えられるので、n個の文字列をそのまま出力してください。

#Pythonによる「足すか掛けるか」問題集
#STEP: 2 文字列の出力
#https://paiza.jp/works/mondai
#提出コードの解答例
#https://neguse-atama.hatenablog.com
n = int(input())
for i in range(n):
    print(input())

・STEP: 3 文字列の分割
 文字列がスペース区切りで2つ入力されるので、スペースで分割し、2行で出力してください。

#Pythonによる「足すか掛けるか」問題集
#STEP: 3 文字列の分割
#https://paiza.jp/works/mondai
#提出コードの解答例
#https://neguse-atama.hatenablog.com
str = input().split()
print(str[0])
print(str[1])

・STEP: 4 整数の足し算
 スペース区切りの2つの整数が入力されるので、それらを足して出力してください。

#Pythonによる「足すか掛けるか」問題集
#STEP: 4 整数の足し算
#https://paiza.jp/works/mondai
#提出コードの解答例
#https://neguse-atama.hatenablog.com
a, b = list(map(int, input().strip().split()))
print(a + b)

・FINAL問題: 足すか掛けるか
 スペース区切りの2つの整数がn行与えられるので、2つの整数をそれぞれ足し合わせて、さらに、その結果をすべての行について足し合わせて出力してください。
 ただし、2つの整数が同じだった場合は、2つの整数を掛け合わせてから、その結果を足し合わせてください。

#Pythonによる「足すか掛けるか」問題集
#FINAL問題: 足すか掛けるか
#https://paiza.jp/works/mondai
#提出コードの解答例
#https://neguse-atama.hatenablog.com
n = int(input())
ans = 0
for i in range(n):
    a_b = input().split()
    if a_b[0] == a_b[1]:
        ans += int(a_b[0]) * int(a_b[1])
    else:
        ans += int(a_b[0]) + int(a_b[1])
print(ans)

Pythonのバージョンは、3.x に対応します。

paizaラーニングのレベルアップ問題集については、ユーザー同士で解答を教え合ったり、コードを公開したりするのは自由としています。
また授業や研修、教材などにも利用できるそうです。