寝癖頭の解法

小学生の目線から、勉強中の覚え書きを投稿、更新していきます。

AtCoder Problems in C++ #finals - 本選会場 (Finals)

2010年 日本情報オリンピック春合宿OJから、その提出コードの解答例です。
AtCoderとは、コンテストを通じて、プログラミングやアルゴリズムを学習するサービスです。
atcoder.jp
プログラミングコンテストとは、「与えられた問題をいかに素早く、正確に」解くことができるかを競うものです。
競技プログラミング」を略して、「競プロ」などと呼ばれています。

#finals - 本選会場 (Finals)

https://www.ioi-jp.org/camp/2010/2010-sp-tasks/2010-sp-day3_22.pdf

僕が作成、提出したコードは、以下のとおりです。

/*
AtCoder Problems in C++
#finals - 本選会場 (Finals)
https://www.ioi-jp.org/camp/2010/2010-sp-tasks/2010-sp-day3_22.pdf
提出コードの解答例
https://neguse-atama.hatenablog.com
*/
#include<bits/stdc++.h>
using namespace std;
using ll=long long;
using P=pair<ll,ll>;
using Graph=vector<vector<P>>;
ll n,m,k,ans=0;
Graph g;
vector<bool> used;
vector<ll> s;
int main(void){
  cin>>n>>m>>k;
  g.resize(n);
  for(ll i=0;i<m;i++){
    ll a,b,c;
    cin>>a>>b>>c;
    a--;
    b--;
    g[a].push_back(make_pair(c,b));
    g[b].push_back(make_pair(c,a));
  }
  priority_queue<P,vector<P>,greater<P>> pq;
  used.assign(n,false);
  pq.emplace(0,0);
  while(!(pq.empty())){
    ll price,to;
    tie(price,to)=pq.top();
    pq.pop();
    if(used[to]){
      continue;
    }
    used[to]=true;
    ans+=price;
    s.emplace_back(price);
    for(auto i : g[to]){
      pq.push(i);
    }
  }
  sort(s.rbegin(),s.rend());
  for(ll i=0;i<k-1;i++){
    ans-=s[i];
  }
  cout<<ans<<endl;
  return 0;
}