寝癖頭の解法

小学生の目線から、勉強中の覚え書きを投稿、更新していきます。

paizaラーニング: Javaによる「データセット選択メニュー 」問題集 文字列の配列

paizaラーニングのレベルアップ問題集「線形探索メニュー」からの出典です。
paiza.jp
Javaによる「データセット選択メニュー 」問題集 文字列の配列 と、それらの提出コードの解答例です。

僕が作成、提出したコードは、以下のとおりです。

・STEP: 1 とても大きな数値の入力

paiza.jp
とても大きな数値を受け取り、そのまま出力します。

/*
paizaラーニング: Javaによる「データセット選択メニュー 」問題集 文字列の配列  
STEP: 1 とても大きな数値の入力 
https://paiza.jp/works/mondai/data_structure/data_structure__string_step1
提出コードの解答例
https://neguse-atama.hatenablog.com
*/
import java.util.Scanner;
public class Main{
    public static void main(String[] args){
        Scanner sc = new Scanner(System.in);
        String s = sc.next();
        System.out.println(s);
    }
}
・STEP: 2 とても小さな数値の入力

paiza.jp
とても小さな数値を受け取り、そのまま出力します。

/*
paizaラーニング: Javaによる「データセット選択メニュー 」問題集 文字列の配列  
STEP: 2 とても小さな数値の入力  
https://paiza.jp/works/mondai/data_structure/data_structure__string_step2
提出コードの解答例
https://neguse-atama.hatenablog.com
*/
import java.util.Scanner;
public class Main{
    public static void main(String[] args){
        Scanner sc = new Scanner(System.in);
        String s = sc.next();
        System.out.println(s);
    }
}
・FINAL問題 文字列の配列

paiza.jp
文字の 2 次元配列データを扱います。

/*
paizaラーニング: Javaによる「データセット選択メニュー 」問題集 文字列の配列  
FINAL問題 文字列の配列  
https://paiza.jp/works/mondai/data_structure/data_structure__string_boss
提出コードの解答例
https://neguse-atama.hatenablog.com
*/
import java.util.Scanner;
public class Main{
    public static void main(String[] args){
        Scanner sc = new Scanner(System.in);
        int h = sc.nextInt();
        int w = sc.nextInt();
        int r = sc.nextInt();
        int c = sc.nextInt();
        String[] lis = new String[h];
        for(int i = 0; i < h; i++){
            String s = sc.next();
            lis[i] = s;
        }
        String ans = lis[r-1].substring(c-1, c);
        if(ans.equals("#")){
            System.out.println("Yes");
        }else{
            System.out.println("No");
        }
    }
}

paizaラーニングのレベルアップ問題集については、ユーザー同士で解答を教え合ったり、コードを公開したりするのは自由としています。
また授業や研修、教材などにも利用できるそうです。