寝癖頭の解法

小学生の目線から、勉強中の覚え書きを投稿、更新していきます。

paizaラーニング: Pythonによる「Bランクレベルアップメニュー」問題集: 文字の重複カウント

paizaラーニングのレベルアップ問題集「Bランクレベルアップセット」からの出典です。
paiza.jp
「文字の重複カウント」問題集と、それらの提出コードの解答例です。

僕が作成、提出したコードは、以下のとおりです。

・STEP: 1 文字列の長さ
 文字列が入力されるので、その長さを出力してください。

#Pythonによる「文字の重複カウント」問題集
#STEP: 1 文字列の長さ
#https://paiza.jp/works/mondai
#提出コードの解答例
#https://neguse-atama.hatenablog.com
s = input().strip()
print(len(s))

・STEP: 2 文字列の1文字目
 文字列が入力されるので、1文字目を出力してください。

#Pythonによる「文字の重複カウント」問題集
#STEP: 2 文字列の1文字目
#https://paiza.jp/works/mondai
#提出コードの解答例
#https://neguse-atama.hatenablog.com
s = input().strip()
print(s[0])

・STEP: 3 配列(リスト)の要素の出力
 指定された配列(リスト)を定義し、配列(リスト)の要素をインデックス順に1行ずつ出力してください。

#Pythonによる「文字の重複カウント」問題集
#STEP: 3 配列(リスト)の要素の出力
#https://paiza.jp/works/mondai
#提出コードの解答例
#https://neguse-atama.hatenablog.com
list = ["Nara", "Shiga", "Hokkaido", "Chiba"]
for i in list:
    print(i)

・STEP: 4 1文字ずつ出力
 文字列が入力されるので、それらの文字を、1文字ずつ出力してください。

#Pythonによる「文字の重複カウント」問題集
#STEP: 4 1文字ずつ出力
#https://paiza.jp/works/mondai
#提出コードの解答例
#https://neguse-atama.hatenablog.com
s = input().strip()
list = []
list = s
for i in list:
    print(i)

・FINAL問題: 文字の重複カウント
 1行目の文字が、2行目の文字列の中に何個出現するかをカウントして出力してください。

#Pythonによる「文字の重複カウント」問題集
#FINAL問題: 文字の重複カウント
#https://paiza.jp/works/mondai
#提出コードの解答例
#https://neguse-atama.hatenablog.com
c = input().strip()
s = input().strip()
print(s.count(c))

Pythonのバージョンは、3.x に対応します。

paizaラーニングのレベルアップ問題集については、ユーザー同士で解答を教え合ったり、コードを公開したりするのは自由としています。
また授業や研修、教材などにも利用できるそうです。