寝癖頭の解法

小学生の目線から、勉強中の覚え書きを投稿、更新していきます。

paizaラーニング: Pythonによる単語のカウント

Pythonによる単語のカウントです。
英単語列に含まれる英単語を、列に出現する順に出力する問題と、その提出コードの解答例です。
paizaラーニングのレベルアップ問題集「スキルチェック過去問題」からの出典です。
paiza.jp
・問題
 スペースで区切られた英単語列が与えられます。
 英単語列に含まれる英単語の出現回数を出現した順番に出力してください。

・入力される値:
 半角スペースで区切られた長さNの文字列
 入力値最終行の末尾に改行が1つ入ります。
 文字列は標準入力から渡されます。

・期待する出力
 単語、半角スペース、出現回数の順で1行に1単語で出現したすべての単語を、列に出現する順に出力してください。

・条件
 すべてのテストケースにおいて、以下の条件をみたします。
   1 ≦ N ≦ 1,000

僕が作成、提出したコードは、以下のとおりです。

#Pythonによる単語のカウント
#https://paiza.jp/works/mondai
#提出コードの解答例
#https://neguse-atama.hatenablog.com
N = input().split()

c_dict = {}

for i in N:
    if i in c_dict:
        c_dict[i] += 1
    else:
        c_dict[i] = 1
        
for k, v in c_dict.items():
    print(k, v)

Pythonのバージョンは、3.x に対応します。

paizaラーニングのレベルアップ問題集については、ユーザー同士で解答を教え合ったり、コードを公開したりするのは自由としています。
また授業や研修、教材などにも利用できるそうです。