寝癖頭の解法

小学生の目線から、勉強中の覚え書きを投稿、更新していきます。

C言語によるお年玉の金額の算出

C言語によるお年玉の金額の算出です。
2人分のそれぞれの金額から、1人当たりが得る金額を出力するプログラムです。

・問題
 兄弟であるA君とB君は、毎年それぞれお年玉をもらっています。
 とても仲の良い2人は、2人のお年玉を足し合わせて半分ずつに分けています。
 2人がもらうお年玉の金額は、それぞれ1000 の倍数です。
 A君とB君がもらった金額が与えられたとき、1人当たりが得る金額を出力するプログラムを作成せよ。

・入力される値
 入力は以下の形式で与えられる。
    a b
 1行に、A君がもらった金額 a (1000 ≤ a ≤ 50000) と
 B君がもらった金額 b (1000 ≤ b ≤ 50000) が与えられる。

・期待する出力
 1人当たりが得る金額を整数で1行に出力する。

僕が作成、提出したコードは、以下のとおりです。

/*
 Problem Set from Volume3 0357 : Handsel
 http://judge.u-aizu.ac.jp/
 C言語によるお年玉の金額の算出
 https://neguse-atama.hatenablog.com
*/
#include<stdio.h>
int main(void){
    int a,b;
    scanf("%d %d",&a,&b);
    printf("%d\n",(a+b)/2);
    return 0;
}

設問の出典は、プログラミング問題のオンライン採点システム「Aizu Online Judge(AOJ)」です。
http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/
Problem Set from Volume3 0357 : Handsel